でーれーすげーげー

岐阜県岐阜市に在住です。ブログ名は、岐阜市近辺の方言で、とても感嘆したときに発する言葉です。

豚串の焼ける具合が、とっても落ち着いてみられました

タイトルが、なんかヤバいですが(^^;

プライベートでいろいろあって、今日は飲みに行くか!と言う中で、お店でぼーっと、豚串の焼ける具合を眺めておりました。

あー、おいしそうだなぁ。

30分後、その状態から抜け出しましたが、この30分、ぼーっと豚串の焼ける具合を眺めていたのは良かったなぁ。

やっぱりいろいろな世界を持っていたいですね。

備蓄放出品の「出汁のきいた牛丼」を食べてみました。

先日棚卸しと入れ替えを行った災害備蓄品の中に、「出汁のきいた牛丼」が有りました。「イザメシ」シリーズの長期保存食で、今でもあちこちで売っています。

放出されたので、いよいよ試食です。実のところ賞味期限を少し過ぎてしまいましたが、そんなに問題はないでしょう。

中身はアルファ米のパックと、牛丼の具が入ったレトルトパックです。そのレトルトパックをアルファ米のパックに入れて、その水分でアルファ米を復元すると共に、味付けも行ってしまう、という一石二鳥になっています。

しかも、レトルトを温めなくても、時間は掛かりますが常温で調理可能、となっています。

アルファ米袋を開けて脱酸素剤を取り出し、そこにレトルトの中身を流し込みます。ちょっと驚いたのは、レトルトの中の牛丼の具には、牛脂がいっぱいあることです。常温なので固まった牛脂で、これがアルファ米の復元を妨げるのでは?とちょっと心配になります。
流し込んだ後は、アルファ米と具がよく混ざり合うようにしっかりとかき混ぜます。その後60分間の放置になります。

放置後はこんな感じ

アルファ米とレトルトを合わせた時に、全体をよくかき混ぜるので、できあがりは牛丼と言うよりは「まぜご飯」です。味は濃いめでなかなかおいしくて、心配された油はアルファ米の復元には影響を与えていないようで、ご飯は普通に食べられます。

しかし、常温調理なので、レトルトの中に入っていた牛脂はそのまま残っています。よく混ぜたし、元々私は平気なので気にならなかったのですが、人によっては牛脂の感触などが気になるかも知れません。

ここは改善の余地ありか・・・と思います。長期保存の災害備蓄用カレーで、動物油を使わず「植物油のみ」で「常温で食べられます」というカレーが売られています。動物油だとどうしても常温で固まってしまうので、植物油主体で作る、というのは良いかも知れません。食感が改善されたり胃もたれになりにくい、など有るのでしょう。

しかしやっぱり、牛丼を植物油主体で作る、というのは考えられないですよね。

ということで、油が気にならない人にとっては、おいしく食べられる非常食だと思います。パンやおにぎりばかりが配給されて飽きた頃にこれを食べたら、大変おいしくてとても強い印象を残しそうです。

 

伊勢湾台風や御岳噴火の方に関心が

本日、安部元総理の国葬だったが、あまり興味もなく仕事でもあったので、特にテレビも見ず、ライブ映像は18時過ぎにちょっと見ただけだった。

それより、新聞に載っていたり地元ニュースでやっている、御嶽山噴火8年目に関するニュースの方が興味深かった。

そして気づいたのは、昨日、9月26日は伊勢湾台風の日だったが、新聞に伊勢湾台風のことが載っていなかったことだ。

岐阜版だからそうなのかも知れないが、中日新聞なので、何か載っても良さそうだ。直近に台風が続いたので、それどころではなかったかも知れない。直近ではなく少し前には載ったのだろうか?

来年以降もこの時期は伊勢湾台風と、御嶽山噴火の話題を思い出しそうだ。安部さんのことは7月に話題になるのだろうな。

ポータブル電源を使ってみました

先日買ったポータブル電源

assoman.hatenablog.com

今日、電源として使ってみました。

100Vのコンセント出力に、在宅勤務時に使うノートPC、モニタ類をつないで使ってみました。

在宅の仕事環境としては、ノートPCの他にモニタが4台あります。それらを全部合わせると、ノートPC充電中は70~95W、充電が終わると60~70Wぐらいの消費電力でした。

それらに朝7時半からポータブル電源で供給し始め、減り具合を調べました。それによると、

  7時30分 100%

  9時30分 73%

  11時40分 47%

1時間弱、昼休憩で電源を切って、12時半から再開し、

  13時30分 35%

  14時30分 22%

 

20%を切ると、しばらくLCDの照明が点滅して、充電してくださいというアピールをします。ちなみにブザーや音声によるお知らせなどはありませんでした。

ということで、約6時間半ほどで残量20%まで使いました。ざっくりですが、平均70Wの使用量だったとすると、電源容量約450Whというところでしょうか。

これが80%なので、100%としたら1.25倍の562Wh。カタログ値は626Whなので、それより少し少ないですが、こんなものでしょう。

実際にはPCやモニタをつなぎっぱなしにするつもりはないし、スマホの充電と、光ファイバーネットワークのモデムとWifiルータを停電時に(電源入れて使えたら)使うという想定なので、十分でしょう。

あと注意事項として、このワット数で使っていると、10分に1分ほど、ファンが回りますね。昼間ならうるさくないですが、夜で避難所など人が多いところで使うとなると問題となりそうです。触った感じ熱くもないのですが。

ということで、災害は起きて欲しくはないですが、万が一の時には役立ってくれそうで、頼もしいです。

 

NHKなら、ドキュメント72時間より、探検ファクトリーが好き

先日、NHKで、ドキュメント72時間のベスト10、という番組をやっていた。

妻が好きで、時々見ているし、年末年始の特集などは録画して見直しているようだ。今回はその集大成で、過去のすべての中でのベストテンを発表した。

この番組、自分は実はあまり好きではないが、ベストテンなら見ても良いかな、と思い、ベスト3のみ見てみた。

まあ、悪くはなかった。が、何というか、いつ見ても結局「世の中にはいろいろな人がいるよね」という感想だけで終わってしまう。

どちらかというと、そこに出てくる現場の「プロの人を深掘りする」番組だったら面白いのになあ、と思う。

そういう意味で、土曜日昼過ぎにやっている「探検ファクトリー」は大好きだ。職場に行ってそこのすごいところを紹介してくれる、こういう番組は私の好みだ。

他に「イッピン」も見ていたが最近は見なくなってしまった。今もやっているのかな?

いずれにしろ「すごい人」が登場する、それも一見普通のサラリーマンや職人さんなのに実はすごい、という番組が好きである。これからも土曜日、「探検ファクトリー」は見逃さずにしっかり見たいです。

 

ポータブル電源を買いました

長らく、停電時にスマホを充電したりするために乾電池から充電出来る機器を用意していましたが、ポータブル電源に切り替えることにしました。本日、JVCのポータブル電源を買ってきました。

www.jvc.com

ネットで検索するといろいろと出てくるのですが、結局は、いつも使っていて補償期間延長が効く、エディオンで売っていたこの電源にしました。

乾電池から充電するタイプは、実際に試して見ると思ったより非力で、しっかり充電できない、というケースが多いです。充電器のせいなのでしょうが、スマホ側の充電機能が高性能になり、大容量で高速充電するのが普通になってから、パワーの弱い乾電池式充電器では対応できなくなっているのかも知れません。

これなら大丈夫そう・・・と思いながら、まだ、電源そのものに充電中で、ここからスマホタブレットに充電させたことはないのですが。

案内を見ると、電動ドライバーなどを使うケースも載っています。小屋で何か仕事をするときなどに使えるかも知れませんね。私にとっては、非常用電源としての用途で十分なのですが、他にも使うシーンが出てくるかも知れません。

お試しで明日以降、使ってみることにします。

クラフトビールのサービス券が届きました。

先日クラウドファンドで寄付したクラフトビールハンバーガー専門店の、サービス券が届きました。

 

クラウドファンドはこちら

 

camp-fire.jp

カリフォルニアスタイルのクラフトビール専門店を作る、という触れ込みです。ここがクラフトビールを造るわけではありません。

タップから出るクラフトビールが飲めるところは、岐阜にもいくつかありますが、さらに増えたらもちろんうれしいです。ということで、クラウドファンドに申し込んだのですが、後から追加で申し込み、「もう一回申し込んだれ!」と三回申し込んだので、サービス券が30枚届きました。

こんなに飲めるかしら・・・。

なんて心配は、しているはずもなく、あっという間に使い切ってしまうことを心配した方が良いですね。

明日プレオープン、あさって正式オープンだそうです。プレオープンは出資者のみだそうです。明日行けるかなぁ・・・?

 

台風はこれから暴風域内です

今日は朝から、台風14号強風域に入っていたため、風が強い一日でした。

昨日から強めの風が吹いているので、丸一日過ぎても吹き続けていることになります。かなり長く吹いているのは確かで、それだけ大きい台風なのですね。そしてこれからやっと暴風域に突入ですが、夜の間にたいした被害がなく通り過ぎてくれるとよいのですが。

今日は結局どこにも行かずじまいです。家の周りをもう一度見回したりした程度で、後は仕事のメールを見て、Windows10のセキュリティパッチを当てたりしていた程度で、残りはYahooニュースやFacebookを見ていました。

んー、Yahoo ニュースやSNSなどやっていても、全く生産性ないなぁ。生産性というとちょっと違いましたね。プライベートの過ごし方なので、生産性がないと言うより、充実感がない、と言った方が良いような。

正直、空でも眺めながらぼーっと過ごした方が、下手に情報を眺めて一喜一憂していながら全然何も残らないより、良かったかも知れません。

ぼーっと出来ないのが精神的なストレスになっているのかも・・・。

と言うことをSNSに書いていては、よけい悪化させているようなものですが。

連休は終わり。明日は在宅ですので多少台風の影響が残っていても全く問題なく仕事できそうです。週末にはまた連休なので、それを楽しみに日常に復帰することにしましょう。

台風前夜は赤とんぼがいっぱいやってきた。

大型で非常に強い台風14号が、日本列島に近づいています。

東海地方に影響を与えそうなのは、明日の夜からあさって午前中にかけてです。しかし、雨は明日朝から降り出しそうです。

ということで、台風対策を今日のうちにしました。

ボウボウに伸びすぎているレモンやランタナは昨日剪定しましたが、その葉っぱが庭にあるので、袋に詰めて小屋に入れます。

空のプランターや、プラスチックの植木鉢や庭に出ていたボウルなども、まとめて小屋に片付けます。エアコン室外機に載せていた日よけも外します。西側窓の外にぶら下げていた日よけも外しました。これはもう秋になるので、台風後も戻す必要はないでしょう。

庭を回って忘れ物がないか見ていましたが、水のタンクがありました。120リットルは入るものですが、子どもたちがいなくなり夫婦二人だから維持し続けるかどうしようかなぁ、と思いながら空のままにしています。固定も外しているので、これが外れて転がり出したら、庭の花など押しつぶされそうですし、軽くても勢いがつけばガラスを割りかねません。

慌てて小屋にしまいました。

外回りは、あとは物干し竿を降ろしてサンダル類をしまうぐらいでしょうか。

停電、断水も心配です。スマホ類が使えなくなるのは困るので、バッテリーの充電をし、タブレットの充電をし、もう使っていない昔のスマホも充電しておきます。停電したらWifiが使えなくなるので、SIMの入っていないスマホ類は通信できませんが、いざとなればSIMカードを差し替えれば通信できるようになります。

懐中電灯も必要ですね。先日行った備蓄品棚卸しでは、ヘッドライトなどはあるのですが、それではなくバッテリー式懐中電灯や、LEDライトなどを準備します。粗品などでもらったLEDライトが結構あったりして、こういうとき重宝ですね。もちろんバッテリーのチェックは必要ですが。

断水は本来であれば先に書いた水タンクがあるはずですが、今回は風呂に水をためておこうと思います。今晩と、明日、風呂を沸かしてその水を抜かないで起きましょう。

ということで、夕方までにそれらの準備が終わりました。ふと庭を見ると、赤とんぼがいっぱい飛んでいます。その数20~30?! 何でしょうね?我が家の庭で台風をやり過ごすのでしょうか?

深い森のような庭ではないのですけれどね。もちろん、滞在するのは全くかまいませんよ。

 

茜部観音

今日、用事があり岐阜市の南、茜部の方に出向きました。車を止めてふと先を見ると、観音様の背中が見えます。青銅の観音様が町中の駐車場に立っています。

何だろう?!と思い、用事が済んだ後に訪れてみました。

大変立派な観音様で、背丈は人間ぐらいです。「茜部観音」と書いてあり、その脇に由来が書いてあります。

岐阜市茜部は、長良川木曽川に挟まれた地域で、昔から水害が多く亡くなった人もいる。また、歴史的には事変や合戦の前哨戦となることが多い地域で、それで亡くなった無縁や有縁の霊も多いのだそうだ。

そういう霊を慰めて無事に成仏させるため、昭和の終わりにある人が建立を発案し、有志の協力も得て、茜部地区の今後の発展のために建立したのが茜部観音だそうです。

へー。

全然知らなかったというか、新しい観音様なのですね。今後、皆さんがこの観音様を慕ってお参りを続け、何百年も続いていくと良いなぁ、と思いながら、賽銭を上げてお参りしてきました。

こういう、地域の観音様とかお地蔵様には、結構興味があります。見かけたら、ぜひお参りしていこうと思います。

法務局のトウキツネくんと文鎮

今日はいくつかプライベートの用事を済ますため、午前中休みを取りました。

行った先の一つに、岐阜市の法務局があります。申請するものがあるので、書類を提出して見てもらっていましたが、コピーを取る必要があるため、応対していた人が席を外しました。

帰ってくるまでの間、カウンターにあるものを見ていました。ペンや朱肉やスタンプ台などはもちろんあります。今時なのでカウンターを仕切るアクリル板もあります。その板に法務局のキャラクター「トウキツネ」のラベルが貼ってあります。

トウキツネというのは無登記不動産などの登記を進めるためのキャンペーンキャラクターのようです。胸に「ト」の文字があり、耳の中の模様が「ト」の字になっていて、しっぽが筆になっていて、「登記」という字を揮毫しているかわいい狐です。

そんなのをみているうちに、ふと机の上にある、紙で覆われた円盤状のものに目が行きました。最初は何だろう?と思いましたが、すぐに「これはたぶん文鎮だ」と思いました。

そう思うとつい手を伸ばしてみたくなります。指でつかもうとすると、

「お、重い!」

となってつかみ損ねてしまいました。まあ文鎮ならば重くて当然ですが、油断していたため落としてしまいました。

気を取り直して、重いものを持つつもりでつかんだらもちろんつかめますが、1kg以上はあるでしょうか?

何でこんなに重くしたのかは分かりませんが、絶対に風では飛ばさない、という強い意志が感じられます。法務局だけあり、風で書類が飛んでしまった、などという不祥事は許されないのでしょう。

感心して見ていましたが、建物の中でもあり、結局その文鎮は使われずじまいでした。実のところ、使う機会ってあるのでしょうか・・・?

納豆の香りがするご飯

今日の夕飯、白ご飯を食べていると、少し臭います。納豆のような香りがします。

朝は納豆食べたけれど、関係あるかなぁ。

「ご飯が、ちょっと納豆のような香りがするけれど」

妻に話すと

「うーん、確かにそんな香りがするね」

「このご飯、昨晩炊いたやつだよね。まだ24時間しか経っとらせん」

「ちがう。きんのうの朝炊いたやつ」

「えー、でもそんなんで腐らんよね。ジャーに入っていたし」

「保温しとったわけじゃないし」

「ちょっと腐ったかな、まあ、でも食べてまうか」

ということで、ほんのり納豆の香りがするご飯を完食しました。

明日はどうなるやら・・・(^^;

備蓄かローリングストックかサブスクか

先日、非常用備蓄品の棚卸しと入れ替えを行いました。

食料品は賞味期限が切れる頃、取り出して入れ替えます。新たに入れるものについてもすべて賞味期限は表に記録して、いつ頃交換すべきがが分かるようになっています。

その期限について半年単位で区切っているので、実のところ放出する食品の多くが賞味期限が切れています。まあ、日本の備蓄食品は優秀なので、1年ぐらい賞味期限が切れたとしても問題なく食べられます。

薬も使用期限を記録して、切れる頃に入れ替えます。ただ、薬は常用するものではないので、結果的には取り出したものの大半は捨ててしまうことになります。

乾電池は以前は使用期限の1年前まで保存していましたが、まとめ買いした年があるとそれの使用期限が切れる頃に大量に放出されてしまうので、放出が分散するよう期限の数年前であっても取り出すよう管理しています。最近の乾電池は使用期限が10年のものが多いので、半分の5年保存しておいたものでもまだ5年使用期限が残っていたりします。

水は賞味期限が2年と短いので、毎年ミネラルウォーターの箱を買っては、前のものを放出して使っています。

非常用品の管理の仕方に「備蓄」と「ローリングストック」というのがあります。備蓄は使用期限が切れるまで保管しておくイメージですが、ローリングストックは新しいものを補充して古いものを使っていき、常に備蓄品が入れ替わっていくイメージですね。

そう考えると、我が家の場合

 薬類:  備蓄

 食品:  備蓄に近い

 乾電池: ローリングストック

 飲料水: ローリングストック

になっているようです。

食品には、備蓄目的ではなく日常品として、ラーメンやパスタ・そうめん、もちろんお米なども置いています。使っては補充、使っては補充しているので、それらもローリングストックの備蓄品、といえそうです。

備蓄とローリングストックの他にも何かあるかなぁ、と考えて思いついたのがサブスクです。備蓄品の「サブスクリプション」サービスなんて可能性はありそうでしょうか?

毎月いくらか払うとサービスが受けられるサブスク(サブスクリプション)。電話やケータイ、電気や水道が昔ながらのサブスクですが、アマゾンプライムNetflixなどのオンラインサービスが最近増えて来ています。

そんな感じで、備蓄品サブスクリプション、というのはどうでしょう?

三ヶ月に一度ぐらい、一週間分の食品が届く。それを次の補充までに食べきってしまうと、終わり頃には備蓄品がなくなってしまうので、

  前届いた三ヶ月分⇒消費する

  今回の三ヶ月分 ⇒備蓄

  次の三ヶ月分  ⇒前届いた分の補充

としたら、お届け1回から2回分までの食料は常にあることになります。

んー、可能性がありそう。

なんて考えましたが、どうなのでしょうね? 備蓄品・非常用品は食料だけではないので、それだけだとつらいかも。いろいろ組み合わせた、売りきりではない非常用品サービスなんて、商売にならないでしょうか? もうあったりしてね。

何でうちのサクラなんかに来るの・・・

このところ天気が悪かったり、しばらく前に集中的に雑草を抜いたりしたので庭仕事をあまりしていませんでした。

明日、台風11号がやってきます。離れたところを通りそうですが、庭に伸びているシオンの花房がヒョロヒョロと伸びて来ていて、直撃ではない台風でも折れてしまうのではないか?と思い、支柱で支えることにしました。

ということで1週間ぶりぐらいに庭に出て、ふと桜の木の下を見ると、黒い粒がたくさん落ちています。「!」と思いサクラを見ると、なんと毛虫がいっぱい!

大人の小指ぐらいで黒い毛虫がたくさんいます。アメリカシロヒトリでしょうか?でもあれは明るいグレーじゃなかったっけ?こいつはほぼ黒いしなあ。

サクラの木は少し前にイラガの幼虫が大発生し、葉っぱがかなり少なくなってしまいました。

assoman.hatenablog.com

しかしサクラはそこから徒長枝を伸ばして復活してきていたのですが、また毛虫に食べられてしまいました。

よく見るとイラガも再発しています。イラガって年に何回も発生するのだっけ?と思いながらも、本日は毛虫を退治するだけで精一杯でした。

それにしても、我が家の桜は、そんなに大きい木ではありません。大きくならないように刈り込んでいるため、人の背丈ぐらいで枝も少ないです。そんな小さな木になんでこんなに毛虫がわくのやら・・・。

まあ、農薬は全然撒いていない庭なので、そこが気に入られたのかなぁ。少し先にある公園のサクラは、時々除虫剤を撒いているし、虫も知っているのだろうか。なかなかすごい。

などと感心している場合ではない。葉っぱを食われた枝を切ってまた徒長士をはやした方が良いのかな?。でももうあまり触らない方が良いような気もするし。

なかなか悩ましいのでした。

災害用備蓄品の棚卸しと更新

毎年恒例、災害用備蓄品の棚卸しと更新を、この土日で行いました。

実のところ昨年は中途半端で終わったので、2年ぶりです。

備蓄食料は2021年中に消費期限が切れたものもありますが、ローリングストックとして食べるために取り出して保管します。その分を補充して、リストアップしていきます。

乾電池系は、スマホ充電のために大量に保管していましたが、そのためにはいわゆるポータブル蓄電池を買った方がよさそうです。なので、今年は買い足して更新しましたが、次はポータブル蓄電池に任せて、乾電池は減らしていくかも知れません。

ラジオは前々からあるのですが、ワイドFMが入るラジオが欲しくなったので、一つ買い足しました。前のラジオ(AMのみ)も、結局は捨てずに保管するので、どんどん増えていったりして(^^;。

薬品類は予定通り更新します。実は自分の所属する健康保険組合の斡旋で、お安くクスリが買える、というサービスがあるのですが、最近、有効期限の短いクスリを送ってきたりしたことがあったので、そこを利用するのはもう止めました。近所のドラッグストアで買って補充しておきます。

他に、あまり古くなりすぎたものは交換します。三角巾があったのですが、茶色く変色していて、もはや何年前のものか分かりません。もちろん三角巾なのでしっかりしていればずっと使えるのですが、「引っ張ったら破れた」となっても困るので、新しく更新しました。

で、薬局であれこれ見ていると、「これもあった方が良いかな」というのがあってつい買ってしまいます。今年は綿棒を買ってしまいました。ないよりは良いよね、とは思いますが、救急装備として必須かというと、まあよく分かりません。

というように調べていたら、我が家の消火器が有効期限を切れていたことに気づきました。昨年まででしたね。まあ、消火器なんて多少有効期限が切れていても保管状況が過酷でなければ、全く問題ないと思いますが、ホームセンターに行って新しいのを買い、古いのを引き取ってもらいました。

ということで、今年の棚卸し&更新は終了です。

昨日昼ご飯の時、その備蓄品から放出されたおかずを食べてみました。実のところ、消費期限を1年以上過ぎていたレトルトおかずですが、全く問題なく、おいしくいただけました。

保存食の技術は発展しています。ローリングストックという考え方もあります。我が家も放出した保存食を食べる機会がしばらくありそうです。万が一の時に自分で供える、ということは大切なので、広く普及してほしいものです。