でーれーすげーげー

岐阜県岐阜市に在住です。ブログ名は、岐阜市近辺の方言で、とても感嘆したときに発する言葉です。

幻聴を止める「相場」

母の認知症は「レビー小体型認知症」で、顕著な症状は幻覚です。

母の場合、今は「幻聴」が主になっています。それも、自分が考えたり言ったことが、すぐ近くにいる他人(影武者)が話したり、近くでスピーカーで流しているように感じる、というものです。ちょっと珍しい症状かもしれません。

そんな「スピーカーで流している」のを、母は、自分に対する、なんでやっているかは知らない「嫌がらせ」と感じていました。

始まった当初は、その嫌がらせの中に、嫌がらせをやめさせるための条件が宣伝されていたらしく、「『200万円払えば、やめる』と言っているけれど、警察や市役所に相談してやめさせられんのかね!」と、怒っていました。

それが、3月ぐらいから「2000円払えばやめる」に変わったようです。

急激に相手がディスカウントしてきた理由は母しか分かりません。何があったのでしょうか? 母があまりにもかたくなに拒んでいたから、もしくは自分が「そんなん全部幻覚!ありえへん!」と拒否していたからでしょうか?

今日、またそれに関する話を母がしていましたが、「1000円払えばやめる」になっていました。さらに安くなったようです。

1000円はさすがに母も払う気になったらしく、「払いたいわ」と言い出しました。ただ、そうなると、こっちが慌てます😅

「誰に払うの? そんなの払っても意味ないでしょう」

強く私が言ったら、

「まあ、もうええわ」

と言って、引き下がりました。

幻聴を止める相場、一気に下がって、さらに下がりました。今後もっと、500円とか、100円まで下がるのでしょうか?

どんどん下がって、払わなくても「やめたるわ!」と幻聴が無くなってくれたら、それはそれで大変ありがたいことなのですけれどね・・・(^^;