でーれーすげーげー

岐阜県岐阜市に在住です。ブログ名は、岐阜市近辺の方言で、とても感嘆したときに発する言葉です。

岐阜市加納の第8回天神まつり

今日から明日にかけて、岐阜の加納天満宮天神祭りが開かれています。行事は鞍馬山車の曳行、鞍馬天狗からくり上演、御輿渡御、天神神楽、ふるさと太鼓、と例年とほぼ同じですが、今年は宵の宮として、午後5時から境内でクライマックスとなりました。

午前中は山車曳行。町内を曳行しながら途中途中で牛若丸と鞍馬天狗のからくりを上映します。写真は牛若丸がポーズを決めたところ。


また十字路などの広いところでは、押し手引き手が息を合わせて、山車を何度も回転させます。道路にはその跡が残っていたりして。


午後は御輿行列が通りますが、都合で出かけたのでそちらは見られずじまい。でも今年から始まる宵の宮は見ようと思って帰ってきました。

宵の宮はこんな感じで、これは御輿が帰ってきたところ。拝殿前に御輿と山車が集まっています(まだ明るさが残っていますが)。


夜、提灯と照明に照らされた山車やからくり達は、また違って見えます。


実際、獅子舞や天神神楽の踊り、太鼓なども夜の照明の下で見ると、結構幻想的に見えます。


でも、暗いので写真はとても難しいですね。あまり上手く撮れてはいません。

昨年と比べ、テキヤさんの店も増え、昼間は賑わいを増したな、と思う天神祭りでした。夕方の抽選会が無くなったので、それだけの人だかりはさすがに無くなりましたが・・・。